2018年度各賞発表!その②

本記事ではいよいよMVP&MIP、オフェンス最優秀選手、ディフェンス最優秀選手の発表

各受賞者からのメッセージです。

こちらもお見逃しなく!!

●最優秀オフェンス賞
受賞者:#18 QB 中山久志
今春QBにコンバート。不慣れなポジションながら熱心に練習に励み秋には充実した展開を披露。横浜スタジアムでのタッチダウンはスタジアムに大きな歓喜をもたらした。
【中山選手より】
今シーズン支えてくれた全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。
実はQBをやりたくてアメフトを始めたので、大村コーチからその打診を受けた時は正直嬉しかったです。ただしQBとしてのスキルは不足していたので練習で周りに迷惑をかけたこともたくさんありましたが、そんな自分を辛抱強く支えてくれたチームメート全員に感謝したいと思います。
来年はX1に再挑戦の年ですので今年以上に厳しい戦いとなりますが、チーム一丸となってチャレンジしていきます。来年もどうぞ応援宜しくお願い致します。

●最優秀ディフェンス賞
受賞者:#49 LB 山内薫平
ブルザイズディフェンスの中心選手が今シーズンはコーディネーターも兼任。グラウンド内外で躍動し1試合平均6失点という安定したディフェンスを創り上げた。
【山内選手より】
いつもブルザイズ東京を応援、御声援ありがとうございます。
今回このような賞を頂き大変嬉しく思います。
今年のディフェンスはディフェンスメンバー全員の結束があったからこそ成り立てたと思っております。
来シーズンはX1エリアリーグに昇格致します。
今シーズン以上の苦戦が予想されますよ。
ファンの皆様、来年もより一層の御声援を宜しく御願い致します。

●MIP賞
受賞者:#88 TE 水越湧大
春シーズン苦戦したオフェンスを率先してリード。平日のミーティング、土日の練習、そして試合時のハドルと副キャプテンとして類まれなるリーダーシップを発揮し秋の全勝優勝に文句なしに貢献した。
【水越選手より】
皆様の応援のお陰で、春全敗から全勝優勝という結果まで辿り着く事が出来ました。
まだまだ発展途上ですが、毎試合成長するブルザイズを引き続き応援よろしくお願いします。
もっともっと良いチームになります!
ありがとうございました!

●MVP賞
受賞者:#23 RB Tyrone JonesⅡ
チーム最多の5タッチダウン。Tyroneの力強い走りは相手に脅威を与え、スタンドを大いに盛り上げた。そして何より、ブルザイズに対し「本物のフットボール」をプレーや言動で示しチームのレベルを一段階も二段階も引き上げたことは何にも代えがたい財産である。
【Tyrone選手より】
One of my favorite things about this game is no single man can do it alone. It takes a true team effort to be victorious. So I am thankful to every single person who was a part of this journey…coaches, teammates, staff and the wonderful fans!! It’s been an honor to wear that blue jersey and to put the pads on again after so long. I’m excited to take on next season’s challenges with all of you in X1! LET’S GO BULLSEYES!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA